【卒塾感想】 O・Iさん(中3・白井市立大山口中→県立鎌ヶ谷高・前期合格)

(合格体験記)
私は第一志望の高校に合格するためには、ただただ勉強するのではなく、自分で考えながら勉強することが大切だと思います。私は中学三年の初めまで、数学や理科は将来使わない、と思いながら勉強をしていました。そのため、勉強をしているつもりでも成績は上がらず「本当に大丈夫か」と思っていた時もありました。ですがそんな時「勉強は楽しんだもの勝ち」という言葉や、私の友達の受験に対する強い気持ちを聞き、私は「自分より頑張っている人は多くいる。こんなではだめだ。」と思うようになりました。

そして問題のポイントや、その問題に関連した語句を調べる、のように細かく勉強をしました。すると「今まで細かく調べてきたことや覚えたものは絶対に無駄にはならない」と思い始め、自分の中で勉強に対する意識を変えることができました。このような意識を持ち、考えながら勉強をしていくと成績は急に伸び、志望校に合格することができました。そのため、勉強は自分の頭で考え、細かく行うことで自分の身になっていくのだと思います。

(卒塾感想)
私は神尾塾に入塾したことで、他の塾では聞けないような貴重な話が聞けたり、礼儀についても、人として当たり前のことを改めて学ぶことができました。また、私が強く印象に残っていることは夏期講習です。記憶力を高める方法の話や潜在意識についてなど、私が全く知らなかった知識を多く得られました。そして木村瞭汰さん(卒塾生・早稲田大学教育学部1年)の話を聞くことができ、とても良い経験になりました。

勉強においては、宿題や課題が大変な時もありましたが、そのおかげで私は何の後悔もなく受験を終えることができました。今年の入試に出題された、社会の中継貿易や並び替えの問題は、細かいところまで勉強をしてこなければ解けなかったと思います。私は今まで、何かに本当に全力で取り組んで、後悔なく成しとげられたことがなかったので、とても大きな達成感を感じることができました。これは、神尾塾に通っていたからこそ得られたものです。二年間本当にありがとうございました。私は、これで満足するのではなく、これからも努力をして頑張ろうと思います。

※関連記事
「偏差値60の壁」
http://kj-log.cocolog-nifty.com/kamiojuku/2016/09/60-67db.html
「卒塾生からのアドバイス」
http://kj-log.cocolog-nifty.com/kamiojuku/2016/08/post-af51.html