苦手改善と評定向上をめざす高校生の指導(数学専門)

高校数学の指導内容

はじめに

中学校では苦痛を感じなかったのに「高校に入ってから数学の授業についていけなくなった」という声をよく耳にします。それは何故でしょうか。答えは、基礎力が不足していたことに他なりません。神尾塾ではまずこの点に着目し、中学数学の素養が不足している場合はそこにさかのぼって土台を作り直します。生徒によっては計算力、関数の処理などそれぞれの苦手があったはずです。土台さえ出来れば、高校数学は中学数学と異なり、必要な分野を定期テストの範囲に応じて補強していくのみです。

大学受験をする生徒には、数学そのものを得意教科へ好転させていきます。定理を使いこなして自分で論理を展開させていく訓練は、将来社会人となってからの仕事の進め方にも役立つものです。「加法定理」から「倍角の公式」を生成させていくように、最小限の基本的な考え方から必要な公式を自ら編み出していく知恵も、高校時代に養いたいスキルです。

進路決定のサポート

大学・専門学校への進路アドバイスとコーディネート。数学ではありませんが必要に応じてAO入試の「小論文対策」を行います

これまでの塾生の在籍高校

県立鎌ヶ谷、松戸六実、柏陵、船橋芝山、船橋二和、千葉工業、野田中央、市川工業、松戸向陽、船橋古和釜、白井、千葉日大一、足立学園、かえつ有明、小松原、岩倉、中山学園、明聖、他

成績上昇の例

  • F・R(高3)
    学年211人中198位→クラス総合4位・クラス数学1位(中学2年3学期→高校2年1学期)
    ※竹早教員保育士養成所 合格
  • M・T(高3)
    数学B得点100点(平均41点、3年2学期末)
    ※大原学園専門学校情報ビジネスコース進学
  • F・H(高1)
    数学順位:23位→2位(1学期中間→2学期中間、40人中)
  • N・M(高3)
    数学得点:46点→51点→47点→95点→92点(1年1学期→1年2学期→1年3学期→入塾→2年1学期→3年1学期) 数学評定:47→81(1年学年末→2年2学期、100点満点)
    順位:クラス34位→5位、学年283位→30位(1年学年末→3年2学期)
    ※日本女子体育大学・運動科学科スポーツ科学専攻合格
  • H・K(高1)
    クラス順位:40人中1位、学年順位240人中2位(高校1年2学期)
  • I・K(高3)
    ベネッセ偏差値推移:数学59.5→75.5(2年1月→3年4月)
    学年順位:109位/316人中→3位/99人中(2年1月→3年4月)
    ※日本大学生産工学部電気電子工学科進学
  • I・M(高2)
    学校評定:数学3→7(2年1学期→2学期)
    ※県立鎌ヶ谷高校在学
  • I・K(高2)
    学年順位:116位→25位(1年2学期→2年1学期)
  • J・K(高3)
    試験得点:数学14点(2年1学期中間)→84点(3年1学期)
    学校評定:数学2(1年次)→5(3年次、5段階)
    クラス順位:32位(2年1学期中間)→6位(3年1学期中間)
    ※千葉工業大学社会システム科学部プロジェクトマネジメント学科進学

週1回の通塾でジワジワと力をつける

高校生の通塾は基本的に週1回となります。予備校と併用する生徒、部活動と両立させる生徒、宿題を設けずに毎週質問をごっそり持ってきてスッキリ解決していく生徒、さまざまです。